モデルケースのご紹介

まとまった資産を相続された方

まとまった資産を相続された方へは、お一人おひとりのライフプラン・資産運用の目的(ゴール)・現在のご資産額・リスク許容度に加え、ご年齢、全体の資産バランスなどを考慮して、ポートフォリオ運用・株式投資・債券投資・投資信託の積立投資などのなかから最適な運用方法をご提案します。

たとえば、「積極的にリターンを狙う運用をしたい」という方には、株式投資をお勧めしています。ただし、バリュー投資でリスクをある程度抑えつつリターンを狙っていきます。金融資産を相続された方については、相続されたポートフォリオを分析して金融商品・銘柄ごとに保有し続けるか売却するか、売却する場合は売却時期・価格を見極めながら、その方に最適なポートフォリオに時間をかけて組み直していきます。

PAGE TOP