プロフィール

佐藤 元治(さとう・もとじ)

⽣年⽉⽇:1961 年6 ⽉20 ⽇
⾎液型:O型
座右の銘:⼀期⼀会・平常⼼
趣味:読書・⾷べ歩き
好きな⾷べ物:寿司
資格:⽇本証券業協会登録第1 種証券外務員・⽶国証券外務員・⽇本証券アナリスト協会検定会員・MBA(New York University Leonard N. Stern School of Business)

メッセージ

「価格変動に向き合う」
価格が変動する⾦融商品(株式・投資信託など)を活⽤するときは、定期預⾦や定額貯⾦を活⽤するときとは異なる⼼構えが必要です。専⾨家の間では、9 割以上の個⼈投資家は⻑期で⾒ると損をしているといわれています。この原因は、⼤半の個⼈投資家は価格変動商品を扱うときの⼼の準備ができていないという⼀点に尽きると、私は考えています。この⼼構えについて特に重点的にサポートしていきます。

「⻑旅を全うする」
資産運⽤は⼤海原を進む航海のようなものです。想定外の出来事や荒波に襲われます。事前の準備をしっかりしなければ、取り返しのつかない事態も起こるでしょう。ここで⼤切なのは致命傷を避けることです。
致命傷を避けることができれば、旅を続けゴールにたどり着けます。あなたが致命傷を負わずにゴールにたどり着けるよう、私がプロのアドバイザーとして資産運⽤という⻑旅を全⼒でサポートします。

「⼀⼈でも多くの投資成功者を」
「貯蓄から資産形成へ」政府はこのスローガンの下様々な政策的後押しを実施していますが、必ずしも期待通りの成果は上がっていません。しかし、あなたの⾝の周りで投資成功者が誕⽣したらどうでしょうか。
それこそが、⽇本で投資を根付かせる⼤きな⼒になるでしょう。

経歴

  1. 1986 年3 ⽉ 早稲⽥⼤学政治経済学部経済学科卒業
  2. 1986 年4 ⽉ ⼭⼀證券株式会社⼊社
  3. 1992 年5 ⽉ New York University Leonard N. Stern School of Business 修了
  4. 1995 年4 ⽉ 函館⼤学 専任講師
  5. 2007 年4 ⽉ 函館⼤学 准教授
  6. 2018 年5 ⽉ マネーブレイン株式会社⼊社
  7. 早稲⽥⼤学政治経済学部卒業後、⼭⼀證券(株)で海外⾦融機関向け営業、海外機関投資家向けに特化した証券アナリスト業務(⽇本の電機業界担当)、上場企業向け営業(資産運⽤)に携わる。ニューヨーク⼤学ビジネススクールに留学し投資理論を学ぶ。その後⼤学教員として投資のための経営分析、⾦融リテラシーを教える。 これらのキャリアを通して30 年以上にわたり、バリュー投資を研究すると同時に投資家として研究成果を実践し結果を残してきた。投資で成功するためにはいくつかのシンプルなルールを貫徹することが⼤切であるという信念を持つ。
PAGE TOP